依頼するメリット

交通事故の交渉で弁護士に依頼するメリット

交通事故で厄介なのが治療はもちろんですが、復帰したその後の示談金の交渉です。示談金と言ってもいろいろな項目があり、それぞれに事故の度合いや傷の大きさによって計算方法があります。一般的に良く知られていることではないので、事故に遭って体が辛い中、難しい用語を理解するのは大変な負担になります。
また、理不尽な金額を提示され、もっと金額を上げるように交渉するのも精神的に辛いものがあります。実は交通事故は、事故そのものも大変なことですが、その後の交渉も追い打ちをかけるように負担になってくるのです。

交渉するにも仕事をしていれば日中に時間はとれませんし、相手が任意保険の会社ならば専門的なことを言ってきて言い返すだけの知識を身に着けるにも時間もありません。そんな時に味方になってくれる存在が弁護士なのです。

弁護士というと敷居の高いイメージがありますが、交通事故を扱っている弁護士も多く、裁判だけではなく、示談交渉だけの依頼を受けてくれるケースも多くあります。交渉を代行してくれるので、お任せすると相手方は弁護士との交渉になりますので、話し合いする手間や時間が軽減されます。そのため、日常生活で犠牲なる時間も減り、納得いかない相手方の言葉も聞かなくて済むので、精神的にも安定します。

また、弁護士は法律のプロです。交通事故にまつわる法律も熟知していますので、相手の提示してきた金額や治療のうちきりの根拠が法的に矛盾していないか、妥当なものなのかが瞬時に判別できます。ですので、言い分が正しくない場合はすぐに反論出来て、金額の妥当性を裏付けすることができます。
また、相手方も裁判になるよりは示談で済ませたい、その方が多少は安いと分かっているので、金額をアップさせてきますので、妥当な金額に引き上げる可能性が圧倒的に多いです。素人が交渉する何倍もの威力があるのです。

交通事故はうまく弁護士に依頼すると、交渉の手間や時間、精神的な負担から解放されるだけではなく、示談金の金額面でも納得のいく結果を得ることができます。ですので、一人でうまく交渉が行かないと悩むよりも、まずは相談してみると前に進めることができます。
依頼は示談の話が始まる前からでも、途中からでも出来ますので、一人では難しい、大変、納得がいかないと感じたら相談してみると良いでしょう。途中からでは遅すぎるということはありません。

また、交通事故の状況のヒアリングや交渉経過を話す必要はありますが、そのほかは特別込み入ったことをしなくてはならないことはないので、弁護士だからといって気構える必要もありません。”

Copyright(c) 交通事故にあったら弁護士に依頼するとメリットがたくさんあります All Rights Reserved.