厚木市の住み心地

厚木市の一戸建ての住み心地について

神奈川県厚木市は横浜市と東京都町田市などにはさまれ、都心にもアクセスしやすい利便性の高い立地です。全国的には工業地帯のイメージが非常に強いものの、商業施設なども厚木にはたくさんあり非常に便利な立地なのです。

厚木にはマンションのほか一戸建て住宅も非常に多く建築されています。しかし厚木駅周辺は商業地などが多く立ち並び、地価も高いことからあまり広大な土地の建売住宅は見られないのです。建売住宅で、隣の家との先も塀一枚で区切られ、庭などの専用スペースもほとんど作れないような建売住宅が多いのです。

都心へのアクセス、買物などの利便性、アーバンライフへの憧れが強い人にとっては、専用スペースや住居の平米数が小さくても何ら支障はなく、非常に住み心地のよい場所であると言えるでしょう。

特に共働きで、家には寝に帰るだけの生活であれば、かえって庭などがないほうが使い勝手が良いと言えるのです。しかしながらこうした隣近所と塀一枚を隔てただけの、土地の坪数の小さい一戸建ては、どうしてもその土地の狭さから縦方向に高く建築しないと充分な居住スペースが作れないのです。

そのため厚木駅周辺の建売一戸建ての多くが二階、三階建てなども多いのです。ただでさえ、隣の一戸建てと密接しており、高さがある家であると日照権などの問題が生じてくるのです。隣が三階建てで、自分の家が二階建ての場合、ほとんど日が差さず一日中照明を使わなければいけない一戸建てもあるのです。

こうした場合住み心地は決してよいとは言い難いのです。購入の際はできれば角地を狙うのが賢明であると言えるのです。また隣と非常に密接しているために、プライバシーや目線の問題から建設できる間取りに制限や限界があるのも事実です。

どうしても隣の家からの目線を遮るために、窓に塀をつけることも仕方がない場合があり、より一層日光の光を感じない閉塞的な住まいになる傾向があるのです。
駅チカ、買物の利便性、都心へのアクセスに拘らず、やはりのびのびと広い間取りで太陽光が沢山降り注ぎ、他人の目を過剰に気にしない生活を送りたいのであれば、郊外で一戸建てを購入することも検討してみると良いでしょう。

神奈川県相模原市などは都心まででるのに時間がかかるものの、緑が多く一戸建て用の土地もかなり広くとることができるのです。環境がよく、家の間取りも広く取れるので住み心地は抜群だと言えるのです。しかし通勤時間がどうしてもかかってしまうことは覚悟しなければいけません。”

Copyright(c) 2018厚木市で一戸建てを選ぶ、建てるときのポイントを説明します All Rights Reserved.