賠償金を勝ち取る

主婦が交通事故でもらえる賠償金を勝ち取る弁護士

交通事故は誰でも遭遇する可能性があります。それは主婦の方でも例外ではありません。車に乗らないからと油断していると、家の近所で、歩行中になど、さまざまなシーンで危険が待っています。

しかし、交通事故では治療費と慰謝料を補てんしてもらえば十分と思っている方もいますが、それは大間違いです。入院や怪我で通院している間、いつも通り仕事ができないことへの補償も対象となります。専業主婦の場合は仕事はないしと思いがちですが、実は請求できる賠償金があるのです。これを請求しそこなうと大きなロスになってし合いますので注意しましょう。

交通事故の賠償金にはいろいろな事柄に対して賠償がされます。そのうちの1つが休業補償です。交通事故によって仕事ができないことへの賠償です。入院すれば必然的に何もできなくなりますので丸1日分の補償です。通院でも半日などの補償があります。
ここで注意したいのが主婦の場合です。家事労働は収入を生むものではありません。しかし、それも家事労働とみなされ、一定の補償金が支払われますので、請求することができます。この点を低く計算されたり、まったく対応しないような場合は弁護士を依頼して交渉するとスムーズに進みます。

専業主婦でも休業補償の対象になり、賠償してもらえます。また、その金額が妥当なものかを法律と照らし合わせて考えてくれますので、うっかり請求し忘れてしまうこともありません。また、パートをしている場合も、弁護士ならパートの収入と家事労働のどちらが得策かを判断して、請求してくれるので、有利な賠償ができて納得の結果になります。
交通事故は弁護士の専門的な知識を借りる方が、請求漏れや低い金額を回避できるので、躊躇せずに相談して正しい判断をしてもらうようにした方が無難です。

難しいことの多い交通事故の交渉ですが、一人で抱え込んでしまうよりも、弁護士をうまく利用して専門的な交渉をする方が結果的には良い面が多いです。正社員ではなくとも休業補償が請求できますし、低く見積もられることもありません。純粋に事故の大きさや怪我や症状の重さがベースです。主婦だからと言ってしり込みすることも、遠慮することもありませんので、しっかりと妥当な金額の賠償をしてもらう必要があります。

そのためには弁護士の力を借りて交渉することも1つの手段です。相談から実際の交渉の代行まで依頼することができます。専門家がついているというのは心強くて安心です。その気持ちの余裕だけでも大きなメリットです。”

Copyright(c) 交通事故にあったら弁護士に依頼するとメリットがたくさんあります All Rights Reserved.