掃除しやすい一戸建て

厚木で掃除しやすい一戸建てを買う時のポイント

厚木で一戸建てを購入する時、とても大切なことをポイントとしながら選ぶ必要があります。それは掃除です。掃除がしやすい一戸建てでなければ、厚木で一戸建てを手に入れても、長く住んでいくことが出来なくなってしまうためです。厚木の一戸建てで長く住んでいくためには、こまめな掃除がとても大切なのです。

まず、一戸建ての玄関です。玄関のタイルの素材や目地で、汚れが落ちにくいものと落ちやすいものがあります。汚れを防ぐための効果が施されてあるものもありますし、汚れがつかないカビがつかない目地もあります。それらを選ぶようにしましょう。分譲住宅の場合は確認するようにしましょう。

次に、サッシです。窓の大きさがとても大きすぎたり、手の届かない所にあったりすると、拭くことが出来なくなってしまいます。窓の位置や大きさを見て、拭くことが出来るか考えるようにしましょう。

一戸建ての壁は手入れの簡単さを考えるのなら、ビニールクロスです。ビニールクロスは一般的な分譲住宅、注文住宅に使われているものなので、特注しない限り他のものになることはありません。しかし、特注をして輸入ものの紙クロスなどにすると、汚れがついた時に汚れを落とすのに苦労することになります。

最も大切なポイントは、一戸建ての水回りです。まず、浴室ですが、排水口が手入れしやすいものであるか、しっかり確認するようにしましょう。ぬめりやカビがとれやすいものであるかどうかも、チェックポイントです。

また、床も汚れがつきやすい形状になっていないか、しっかりチェックしましょう。システムバスの場合は手入れしやすいものが多いですが、在来工法の浴室の場合はタイルなどを使うことが多いです。この場合は、タイルの目地がカビにくいものであるか、確かめるようにしましょう。

キッチンはレンジフードと、排水口、コンロの3つが手入れしやすいかどうかがポイントです。レンジフードはフィルターがないものを選ぶようにしましょう。また、ファンを外しやすいものを選ぶこともポイントです。シロッコファンの場合、ワンタッチで外すことが出来るものがあります。

また、排水口は掃除しやすい構造のものが出てきているのでチェックするようにしましょう。コンロはガスコンロでもガラストップだと手入れもしやすいです。

トイレは掃除がしやすい便器を選ぶのももちろんですが、身動きができる広さが確保されているかということが大切です。身動きがしにくいと、手入れもしにくくなってしまいます。”

Copyright(c) 厚木市で一戸建てを選ぶ、建てるときのポイントを説明します All Rights Reserved.