弁護士に任せる

交通事故の慰謝料請求、弁護士に任せて安心!

示談で解決するケースが多い交通事故。慰謝料の算定基準には三種類あり、どれに基づいて算定するかによって金額が大きく変わります。慰謝料請求で損をしないために知っておくべきこととは?

慰謝料とは、加害者が被害者の支払う損害賠償金の一部で、被害者が交通事故によって受けた損害のうち「精神的損害」に対する賠償金のことを言います。いわば迷惑料のようなもので、その金額は被害者や遺族の気持ち次第といってもよいわけですが、それではなかなか加害者との折り合いがつきません。そこで、交通事故の損害賠償額に関しては、三種類の査定基準が設けられています。「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」がそれです。

このうち「自賠責保険基準」は自動車損害賠償保障法に基づく算定基準で、これが適用されると慰謝料の金額は最も低くなります。自賠責保険は加入が義務づけられている強制保険であるため、交通事故被害者に対しての保障は必要最低限となっているのです。残念ながら、この基準に基づいて算出される額は、大抵の被害者にとって納得のいくものではないようです。

次に「任意保険基準」です。これは各保険会社が独自に設定している基準で、大抵の保険会社はこの「任意保険基準」での算定を行いますが、保険会社によって設定に開きがあります。金額は「自賠責保険基準」と「弁護士基準」の中間あたりに設定されている場合が多いようで、保険会社によって相当の幅があります。また、中には「自賠責保険基準」にほんの少し色を付けた程度の金額を提示してくる保険会社もあるようですから、十分な注意が必要です。

そして「弁護士基準」は別名「裁判所基準」とも呼ばれ、過去の裁判の判例などを元に算出されるものです。この基準は実際の裁判で重視されるほど信頼性が高く、裁判で提示される賠償額に近い数字であると考えられています。算定基準が三種類の中で最も高く、弁護士はこれを元に保険会社と交渉を行うので、弁護士に依頼するだけで慰謝料が大幅に増額される可能性があります。実に何倍にもなることがあるのです。

「弁護士基準」が有利であることはわかっていても、プロに交渉を依頼すればそれなりの依頼料がかかるのもまた事実で、それゆえにいくらか逡巡する向きもあることでしょう。しかし、被害者が自分自身で「弁護士基準」に基づいて相手方と交渉しようとしても、まずうまくいかないようです。相手方となる保険会社の担当者は、これまで何件もの示談交渉を行っている、百戦錬磨のプロだからです。もちろん絶対に無理というわけではありませんが、交通事故後の治療通院で時間体力に限りがある中、必死に勉強して交渉するのは思いのほか大変です。ここはプロに依頼することを考えてみてもよいのではないでしょうか。”

Copyright(c) 交通事故にあったら弁護士に依頼するとメリットがたくさんあります All Rights Reserved.