騒音について

厚木の一戸建ての騒音について

厚木で一戸建てを購入する時、騒音について対策をすることを考える人もいるでしょう。近くに大きな幹線道路があったり、電車の線路と面していたり、学校などがあった場合など、あらかじめ対策をしておくと、安心して暮らすことが出来ます。

厚木でも静かな住宅街だけでなく、車の通りが多いところもあるため、周囲の住環境から対策をするかどうか判断をしておくことが大切です。また、昼間は気にならなくても、夜になると音は響きやすくなるため、注意が必要です。では、どのような対策をすればよいのでしょうか。

窓がとても大切です。窓のサッシが気密性の高いものであるかどうか、確認するようにしましょう。

気密性の高いものであれば、音も入ってきづらくなります。また、ガラスは単層のものよりペアガラスの方がより音を防ぐことが出来ます。しかし、これらの高性能な窓であっても防ぐことが出来ないような騒音の場合は、二重サッシをすることをおすすめします。二重サッシとは文字通り二重に窓のサッシを設置します。

外窓と内窓の間は5センチ程度あくため、その空気層によって音を遮ることが出来るのです。この二重サッシであれば単層ガラスであっても、電車の音などはかなり聞こえづらくなります。

また、音に対応しているガラスの厚みというものがあります。車の音、子供の声、電車の音など、それぞれ違うため、その音に対応したガラスを入れることでより効果のある防音をすることが出来るのです。

その他、一戸建ての換気扇などからも音が入ってきます。そのため、使っていない時は排気の口が閉じるというものがあるため、厚木でも騒音が酷いエリアである場合は、このようなものを選ぶようにしましょう。

もちろん、一戸建てを選ぶ際に、そのような騒音問題がある一戸建てを選ばないようにすることも大切です。しかし、生活形態によっても変わってくるのです。

昼間、仕事に行っているのでうるさくても構わない場合は、学校などの傍に一戸建てがあってもよいでしょう。

しかし、夜だけは静かにと思う場合は、幹線道路の傍は避けた方が良いです。また、幹線道路でなくても交差点の近くは避けるようにしましょう。

走りすぎていく車の音より、信号待ちの車の音の方が気になりやすいためです。電車の線路はその路線が何時頃まで走っているかということで、判断することが大切です。また、線路のメンテナンスは夜に行われることがあるため、そのあたりも注意するようにしましょう。”

Copyright(c) 2018厚木市で一戸建てを選ぶ、建てるときのポイントを説明します All Rights Reserved.