建築費と坪単価の関係

厚木で一戸建てを新築する際の建築費と坪単価の関係

厚木で一戸建ての新築を行う際に土地代金の他に建物の工事費用がいくらになるか気にかかりますが、注文設計の場合には建売住宅よりも割高になるのが普通です。

厚木では地価が高いこともあり建築費を抑えたいと考えるのが普通ですが、おおよその目安となるのが坪単価となります。1坪当たりの単価となりますので総工費を延べ床面積で割って出される単価となりますが、間取りプランや設備機器のグレード、仕上げ材やデザインを検討するための設計上の目安として使用するのが一般的です。

あくまでも建築費の総額が基準となりますので注意が必要な部分ですが、厚木以外の地域でも土地代金を除けば同じ状況となります。坪単価は計算方法からもわかる通り、単価が高くても延べ床面積が小さければ総工費は安くなります。

また坪単価が安くても延べ床面積が大きければ建築費の総額は高くなりますので、設計プランを決めるための目安として考えることが大切です。一戸建て注文住宅の広告や展示場に行けば1坪当たりの金額が表示されていますが、建物のグレードを決定する際の基準として考える必要があるのです。一戸建て注文住宅は設計プランが決まった後、施工業者が決まらなければ総工費も決まらないのが普通です。設計事務所によって対応が異なりますが、取引のある工務店に依頼する場合もあれば入札を行い低価格の業者を選ぶ場合もあります。施工業者が決まらなければ総工費が確定しないため、設計プランの検討には1坪当たりの単価を目安として使用するのです。設計事務所や工務店では基本的に同じような考え方で坪単価を使用していますが、一部の業者では建築面積には入るものの床面積には入らない部分を加算した面積で計算する場合があります。玄関ポーチやテラス、ベランダやバルコニーが該当しますが、計算に使用する面積が増えると1坪当たりの単価は安くなってしまいます。一見して正確で偽りの無い単価のように感じますが、1坪当たりの単価には特性を把握していなければ後でこんなはずではなかったという事態が起こるのです。一戸建て注文住宅を新築する際には、坪単価と建築費の関係をしっかりと理解しておく必要があります。展示場や広告で表示されている単価には、計算に使用した面積によって単価が変わるのが当然ですから、しっかりと確認することも大切です。一戸建て住宅の新築では、構造体となる基本骨格の価格差は業者間でもそれほど大きくないのが普通です。極端に1坪当たりの単価が低い場合には、内容を確認することが必要になってくると言えます。”

Copyright(c) 厚木市で一戸建てを選ぶ、建てるときのポイントを説明します All Rights Reserved.